ビオラの種まき

Category :
8月下旬、ビオラの種まきをしました。

ジフィーポット(紙製のポット)に庭の土を入れます。
種を3粒くらいパラパラパ……、10粒くらい入りました。

P1080246.jpg


これは1年前に撮影した発芽の様子。
種まきから数週間で、双葉→四つ葉へ。
双葉は丸い形、四つ葉になると見慣れた形のモコモコした葉っぱが生えてきます。

P1060695.jpg

つぼみが付く前~開花するころに植え替え。


花が咲くと一気にカラフル。
それもそのはず、ここはアレンジに使った残りを無造作に地植えした場所。
苗だと買わないような花色も素敵に見えて、完全に親ばかフィルターが発動しています。

P1060073_20160823110853af6.jpg

ビオラは一株が約30センチに成長するので、このままでは詰まり過ぎ。
一昨年はよそさんに貰ってもらいました。


丈の低いビオラやムスカリは前景として活躍します。

P1060072.jpg

ビオラは食害されやすいのが惜しいところ。

花びらだけ食べるナメクジは捕殺。
よく見ると可愛いので目の焦点を合わせないようにしています(´◔◞⊖◟◔`)

一方、ツマグロヒョウモンの幼虫は「んまああ!!!」とばかりに花はもちろん、茎も葉も全部食べるその姿勢に清々しいものを感じ、見守る方向へ。
赤黒のとげとげボディ、コロコロしたフン、キラキラしたさなぎ、どこをとっても愛らしい。
プランターの1つをツマグロヒョウモン専用として使っています。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

梅仕事

Category : たべもの
2016年は白干し・梅シロップを作りました。

白干しには綺麗な梅を、梅シロップは傷の入った梅を使いました。
梅シロップは美味しくて美味しくて、すでに飲み終わりました。
梅シロップから引き揚げた梅でジャムを作り、お水で割り氷を入れていただいています。


2015年の梅干しも干してみたり。

P1080206.jpg

梅干しは包丁で叩いて小さなビンに入れておくと、サッと使えて便利です。
シソはゆかりにして、ご飯にパラリ。


きらきらひかる梅酢の星。

P1080202.jpg

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

夏のお世話

Category : その他の生き物
梅雨が明ける少し前、ハオルチアオブツーサ・グリーンネックレス・クマドウジに水やりをしました。
並べてジョウロでジャー、とても雑。

P1080145.jpg

鉢・皿・ケースを拭いて、半日乾燥させます。
水滴の跡は残さない。

この後、クマドウジ・グリーンネックレスの調子が悪くなりました。
蒸れが原因とみて、軒下に移動するも、8月末にグリーンネックレスは枯れました。


一方、水やりしないチーム。
カット後から休眠中、エケベリア静夜。8月末にはシワシワカサカサに、多分枯れた。
秋に買ったリトープスは最後の一個になりました。
新顔のベビートウ。

P1080143.jpg


夏に突入、段々暑くなるころ。
ベビートウにシワが出たので、すこーーーし水やりしたらぷくぷくに戻りました。
調子に乗ってもうすこーーーし水やりしたら割れました。

P1080199.jpg

8月末、再びシワが出ています。
大分スカスカになった、どうしてほしいの?

そんな感じでスヤスヤしたり、シワシワになったり、枯れたりしています。

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

もぐティン

Category : Puppet Guardian
もぐティンが可愛くて可愛くて。

tnink204.jpg

これは、作るしかない。


材料は石粉粘土、竹串など。
粘土を盛る→乾燥の繰り返し。

P1080165_2016081911592836e.jpg


袖を透けさせようとしたら一気に難航したので、諦めて粘土を盛り盛り。
ヘルキャフードのギザギザが、折れる折れる。

P1080200.jpg

やすると凹凸は無くなるけれど毛羽立つので、デザインナイフの軸(金属部分)でナデナデ。
少し水を含ませて撫でるといい感じです。

頭・フード・リボン・体にパーツ分けして、色塗り・ニス塗り→接着。


リボンのボンドが乾くのを待っているもぐティン。

P1080207.jpg


朝ご飯。

P1080208.jpg


豚の生姜焼きを狙う。

P1080212.jpg


子豚に囲まれる。

P1080227.jpg


おやつの時間、どれにしよう。

P1080237.jpg


バナナタルト~。

P1080240.jpg

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

食用ほおずき

Category : たべもの
春、食用ほおずきの苗を通販で3株買いました。
すでに膨らみつつある黄緑のほおずきと、小さな黄色い花が付いています。

P1070827.jpg


苗を植える時点で支柱を立てたらよかったのですが、不精していたら強風で1株折れてしまいました。
すぐに添え木をし、セロハンテープでぐるぐる巻いたら復活しました。

食用ほおずきは物干し台を使い、上からヒモで茎を吊って誘引しました。
写真を撮り忘れてしまいましたが、マリオネットみたいな感じかな。

誘引以外は放任と思っていたのですが、虫が付きました。ぶーん。

ニジュウヤホシテントウとカメムシです。
ニジュウヤホシテントウはむしゃむしゃと葉っぱを食べ、黄色い卵をプリプリと産みます。
一方、ホオズキカメムシは銅に似たツヤピカの卵をプリプリと産みます。
うちは産科やないっちゅーねん!と思いつつ、卵も親も駆除しました。

その後は、うどん粉病にもなりました。
ミニトマトがうどん粉病になったのは食用ほおずきからうつったのです。
病気の葉をとって、酢水をスプレーでシュッシュ。


そうこうするうちに、どんどん成長していきます。

P1080066.jpg


これがですね、風に弱いのです。
力なく地面に横たわる食用ほおずきたち。

P1080168.jpg

摘むのではなく、落ちているものを拾うスタイルです。


洗うと乾くのに時間がかかるので、そのまま皿で追熟させます。
外側が安い茶封筒のようにカッサカサになったら食べごろです。

P1080193.jpg

ちょっと緑……。
もう少し黄色くなるまで待った方が美味しいかもしれません、ムシャッ(食べた)。

味は、薄い練乳みたいな、クリーミーな甘さが舌の上に広がります。
青いものは、やはり甘酸っぱいというか、すっぱ甘いというか、すっぱいです。
青くて小さいものは、すっぱ苦いです。ペッペッ。


土の上で存在を忘れられていた食用ほおずきは、自然に透かしほおずきになりました。

P1080195.jpg

食用じゃない普通のほおずきは、春・夏蒔き共に芽が出たところで虫に食べられました。
今年は透かしほおずきが作れないと涙をのんだのですが、食用ほおずきで作れそうです。

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

菫(すみれ)

Author:菫(すみれ)
ブログ名が短くなりました。

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク