FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食用ほおずき

Category : たべもの
春、食用ほおずきの苗を通販で3株買いました。
すでに膨らみつつある黄緑のほおずきと、小さな黄色い花が付いています。

P1070827.jpg


苗を植える時点で支柱を立てたらよかったのですが、不精していたら強風で1株折れてしまいました。
すぐに添え木をし、セロハンテープでぐるぐる巻いたら復活しました。

食用ほおずきは物干し台を使い、上からヒモで茎を吊って誘引しました。
写真を撮り忘れてしまいましたが、マリオネットみたいな感じかな。

誘引以外は放任と思っていたのですが、虫が付きました。ぶーん。

ニジュウヤホシテントウとカメムシです。
ニジュウヤホシテントウはむしゃむしゃと葉っぱを食べ、黄色い卵をプリプリと産みます。
一方、ホオズキカメムシは銅に似たツヤピカの卵をプリプリと産みます。
うちは産科やないっちゅーねん!と思いつつ、卵も親も駆除しました。

その後は、うどん粉病にもなりました。
ミニトマトがうどん粉病になったのは食用ほおずきからうつったのです。
病気の葉をとって、酢水をスプレーでシュッシュ。


そうこうするうちに、どんどん成長していきます。

P1080066.jpg


これがですね、風に弱いのです。
力なく地面に横たわる食用ほおずきたち。

P1080168.jpg

摘むのではなく、落ちているものを拾うスタイルです。


洗うと乾くのに時間がかかるので、そのまま皿で追熟させます。
外側が安い茶封筒のようにカッサカサになったら食べごろです。

P1080193.jpg

ちょっと緑……。
もう少し黄色くなるまで待った方が美味しいかもしれません、ムシャッ(食べた)。

味は、薄い練乳みたいな、クリーミーな甘さが舌の上に広がります。
青いものは、やはり甘酸っぱいというか、すっぱ甘いというか、すっぱいです。
青くて小さいものは、すっぱ苦いです。ペッペッ。


土の上で存在を忘れられていた食用ほおずきは、自然に透かしほおずきになりました。

P1080195.jpg

食用じゃない普通のほおずきは、春・夏蒔き共に芽が出たところで虫に食べられました。
今年は透かしほおずきが作れないと涙をのんだのですが、食用ほおずきで作れそうです。

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

Comment

No title

うちも今年はじめて食用ほおずき食べた~
あれ、何とも言えない不思議な味だよね・・・
同じくちょっと酸っぱクリーミー?
おいし・・・おいしいのか?って思う謎の味w

>>ほあら

そう、何とも言えない不思議な味。
人にお福分けするのは少し考えてしまう。
完全に黄~オレンジになると美味しいのかも……?
ポピュラーになるのは中々難しそう。
非公開コメント

プロフィール

菫(すみれ)

Author:菫(すみれ)

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。